Day 1 part 2: 配達初日、夜の部は桜新町まで

Day 1 part 2: 配達初日、夜の部は桜新町まで

夜の部スタート

家の用事を済ませて、また自由が丘でアプリをオン、時刻は21時過ぎ?

秒をカウントしながら待つ…また1分経たないうちにすぐ鳴った!ピックアップは安定の駅前マック、ピンずれがあって少し迷ったが、なんとか配達終了

続いて都立大学学芸大学と、昼と同じようなコース

ここで学大から三軒茶屋までの長めの配達

道は知っているが、長い…漕いでも漕いでもなかなかピンが近くならず、途方にくれた頃、やっと完了

そして夜の桜新町へ:ピックアップが遠い仕事と、戻りを兼ねた仕事

ここから桜新町のマックのリクエストが入る

ピックアップが遠いのは(お店までの移動は売上にならないという意味で)クソ仕事という説もあり、一瞬請けるべきか迷ったが、俺は仕事は何でも請ける!と、リクエストに応じた…しかし…

やはり遠かった

もうサザエさんが遠い異国の銅像に見えたね…

「ウーバーはん、人使い荒いわ…」

f:id:uber-ojisan:20190816113216j:image

そこからさらに用賀に呼ばれたんだけど既に時間は遅く、「ウーバーはん、帰りと逆になるのでさすがにスンマセン」と拒否

すると次のリクエストで駒沢大学駅まで戻され、次でちょうど帰り道の途中の店でピックアップ、都立大学まで配達で帰ってきて終了

「ウーバーはん、俺の帰りも考えて仕事アサインしてくれたんすね? You’re so considerate!」

…もしかしてそういう機能を実装してたりしますか?笑

夜の部の分析

とにかく夜もリクエストは途切れずにあるんだが、昼より移動が多い印象、やはりリクエストの総量が少なくてまばらなのかなと思ったり

ピックアップまでの移動が多いと当然時給換算だと下がりますね…

桜新町行きが響いて、夜の部はオンライン約3時間で売り上げ3600円(1時間当たり売り上げ1200円)でした

 ※上記は東京エリアにて、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

以上、配達初日、無事終了しました!

1日トータルで見ると、オンライン約5.5時間でう7640円(1時間当たり1390円)となりました

 ※上記は東京エリアにて、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

(家まで帰る時間は入れていないので実質1時間当たり売り上げはもっと下がるけどね…)

 

初日を終えた感想は、この季節、滝のような汗を流しながら、熱中症寸前で走り回る労力を考えると、金銭的には非常に儲かるとは言えないけど、なぜかとにかく熱中してしまう!のが不思議

労働自体がご褒美、体が壊れるまで働き続けそうでもある(まだ初日で言うのもなんだが)

お客様もほとんどが暖かく接して下さるし、なにせこれだけUber Eats(ウーバーイーツ)を頼む人がいるのが意外!リクエストが途切れることがないからね

もしかして配達パートナーが少ないだけなのか、それともシステムが効率良いだけなのか…

まぁ難しいことは考えなくても、僕にとってはとにかく走り回ることが楽しい

いつもの街がちょっとした冒険の舞台になって、お金も稼げるとなると、

なかなか素晴らしいシステムなのではないでしょうか?

しかし早速体のあちこちが痛い…中高年の悲哀…続くかな

f:id:uber-ojisan:20190816114319p:image

 

今日のところは以上です

See you tomorrow!

 

 

 

 

三軒茶屋カテゴリの最新記事