Week 6: 転倒・パンク・色々あったけど私は元気で一丁前に確定申告が気になっています

Week 6: 転倒・パンク・色々あったけど私は元気で一丁前に確定申告が気になっています

今週は4日稼働

合計11.25時間  30配達  14071円+1870円  (1時間当たり1417円)

でした

上記は東京エリアにて、9月18日から9月22日の間に、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

 

今週は転倒に始まり、パンクで強制終了となるトラブル見舞われた

時給は据え置きキープ、売上は目標未達である

以下、日毎の記録である

 

9/18(水)☔️  3時間  8配達  3605円+550円(4クリ)

上記は東京エリアにて、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

用賀まで飛ばされたあと鳴りが途切れる

そこから自宅方面へ戻り途中、雨で濡れていた歩道との段差で滑って転倒してしまった

幸いかすり傷で済んだのだが、気を引き締めねばなるまい

その後は自宅方面からのリクエストに呼ばれながら、うまく帰ってこれた

こういう時、このAI上司も悪くないと思える

 

9/19(木)?  2時間  6配達  2840円 

上記は東京エリアにて、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

この日は、普段呼ばれないお店からのリクエストが印象に残っている

龍雲寺通りに入ってしばらく進むと忽然と現れるレトロな洋食店

f:id:uber-ojisan:20190923082045j:image

そして自由が丘ラズの地下のクラフトビールレストラン

f:id:uber-ojisan:20190923082144j:image

なお翌日、会社後輩がここで飲み会だったそうだ…ニアミス!まだ配達中に会社の人と会う勇気はないな

 

9/20(金)?→☔️1時間  2配達  1015円

上記は東京エリアにて、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

この日は申し訳程度だが出動した

完全に休んでしまうと、そのままだらけてしまいそうであるから…

 

9/22(日)  ☀️→☔️  昼の部4時間  夜の部1.25時間  14配達  6610円+1320円(4クリ×2)

上記は東京エリアにて、僕のアカウントにて配達した報酬記録です(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

昼の部は秋晴れで気持ちの良い天気

自由が丘マックは今まで見た中で最長の列

f:id:uber-ojisan:20190923082856p:image

マックで他の配達パートナーさんと談笑しつつお店やクエストの情報交換したのち、ドロップに向かう

その後は呼ばれるままに、季節を満喫しながら走った – 平和でのどかだったな、良い季節

14時半ごろ鳴らなくなったのでオフラインにして、ランチに向かった

こうしていると、まあほとんど散策というか、遊びだよね、この仕事

 

夜の部は雨クエストに目がくらむ?

f:id:uber-ojisan:20190923083247j:image

70分4クリのハイペースで序盤をこなし、数珠りつつ12クリを目指していたのだが、ピックに向かう途中でパンクしてしまい強制終了、閉店間際の自転車屋さんに修理を頼み、雨に打たれながら駅まで歩き電車で帰った

転倒に続き、また歩道との段差でのトラブルか…ここでは速度を十分に落とす余裕を持つようにしよう(※翌日チューブを見せてもらったが、案の定段差乗り上げ時の衝撃でリムが当たったと思われる所が表裏貫通し計4カ所、2センチ超裂けており、チューブ交換で費用は4400円だった)

出費は痛かったが、雨の中自転車を押して帰る羽目にならずに済んで、助かったとも言える

あまり無理するなという何かの思し召しかもしれない

確定申告について色々聞くも…

パンクするほど自転車を飛ばしているわりには、売上は相変わらずの副業ペースなのだが、一丁前に確定申告が気になり、税務署に聞いたり、サポセンに聞いたりしている

しかし具体的に何をやって良いか、決め手が得られない

以下に参考としてツイートを引用させてもらう

とりあえず僕に関して今週気づいたことといえば、今年の株式の損失の繰り越しを一応やっておきたいのと、医療費控除もやりたいので、それらをやるためには、たとえ所得20万以下でも確定申告しなければならないということで、税務署によるとその際には副業の所得は20万以下でも記載しなければいけないとのことだった

まあ特に何も節税対策などせずに雑所得で申請してしっかりと税金を払えば良いという考えもあるが、青色申告しておいて、事業じゃなくて雑所得じゃないの?とお咎めがあったら雑所得で申告し直す、というのが結局良いのかと思っている

なお、開業届を出す際には事業性があるかどうか厳しく見られることはなく受理されるが、実際に年度が終わって実績を見て、継続性や、利益が出ているかや、相応の時間と労力をかけているか(※例えば本業に比べてウーバーの所得がだいぶ小さく、かつ土日だけやっている等では、片手間ということで雑所得と見なされるのが濃厚とのこと)という観点で事業性があるか見られるらしい

また、事業所得として認められるハードルは近年高くなっているようだ(一時期、とは言ってももう10年前くらいになるが、サラリーマンが赤字の事業所得を申告して本業と損益通算させて節?税する例が多く出てきていた、というのも一因. 一時要因の赤字は仕方ないが、継続的に利益が出ているかどうかは厳しく見られる、らしい)

さて、青色、だめだったら雑所得、という方針でやったとしても帳簿をつけなければならない

原則日毎でつけて、複式帳簿をつけなければいけないらしいのだが、この辺になるとさっぱりわからなくなってくる上、税務署に電話で聞いても、税理士によって見解が異なる…例えば日毎にきっちりつけなければいけない、という人から、確定申告時の決算書と賃借対照表さえきちんと出来ていれば良いのだから、週ごとでも良いという人まで(もちろん明細等は保存しておいて調査が入ったら再現できなければならないが)、差がある

ただ、会計ソフトを使えば、簿記知識なくても申告書類が作成できる、との見解は一致している

そこで、今freeeと弥生を調べている

(マネーフォワードはアプリがどれかよくわからずとりあえず保留)

freeeは1ヶ月無料とのことだが、確定申告の書類作成は無料コースのままではできなかった

一方、弥生の青色申告(※正式名称は「やよいの青色申告オンライン 」)は初年度無料なので、こちらから見てみようと思う

初年度無料!登録はこちらから
⬇︎⬇︎⬇︎【公式サイト】⬇︎⬇︎⬇︎

なお、白色申告用の「やよいの白色申告オンライン 」は、ずっと無料で使えるプランもあるようです!こちらは青色申告までは厳密にやらないが、確定申告はやる予定があり、ソフトで効率的に申告書を作成したいという方には良い選択肢なのではないでしょうか

ずっと無料!登録はこちらから
⬇︎⬇︎⬇︎【公式サイト】⬇︎⬇︎⬇︎

 

以上です

上野毛カテゴリの最新記事